Love of Christ

キリスト教の聖書と祈り

シュパイアー大聖堂

シュパイアー大聖堂

シュパイアー大聖堂は、ドイツ連邦共和国中南部シュパイアー(ラインラント=プファルツ州)にある大聖堂です。正式な名称は「聖マリア・聖ステパノ大聖堂」ですが、シュパイアーの皇帝大聖堂(Kaiserdom zu Speyer)と呼ばれることもあります。

シュパイアー大聖堂はロマネスク様式最大級の聖堂です。1981年に大聖堂はユネスコの世界遺産に登録されました。

この大聖堂はローマ皇帝コンラート2世が自身の永眠の場所として建造するよう命じたもので、1030年から1061年にかけて建造されました。のちには、さらに7人のローマ皇帝、ローマ王たちやその妻の幾人か、そして多くの僧侶たちが葬られました。

建造物は本来の様式を良く保存しており、絶えて久しい純粋にして明確なロマネスク様式を伝える最も優雅な例の一つとなっています。顕著な特徴は、建物全体を取り囲む柱廊であり、屋根のラインの真下にあたっています。三列の側廊を持つアーチ型天井のバシリカ式聖堂は、11世紀から12世紀にかけて発展していったロマネスク建築の中で、極めて強い影響を及ぼす非常に優れたデザインを有しています。

西のファサードの前にある「大聖堂の鉢」(Domnapf)は、かつては宗教的な領域と市域を分かつものでした。南の庭園にあるオリーブ山の彫刻は、かつては大聖堂の南壁に繋がっていた回廊の中央に置かれていました。

15世紀以来の本来の彫刻群が破壊されたことから、19世紀にはシュパイヤーの彫刻家ゴットフリート・レン(Gottfried Renn)が現存する一連の彫刻群を作製しました。かつての回廊の面影はオリーブ山周辺の歩道に見出すことができます。

ギャラリー

マップ

シュパイアー大聖堂

世界遺産(文化遺産)登録

1981年に文化遺産 (世界遺産)に登録されました。

登録基準

シュパイアー大聖堂は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、世界遺産に登録がなされました。

(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

公式サイト

https://www.dom-zu-speyer.de/

ドイツ連邦共和国の基本情報

公用語
ドイツ語

首都
ベルリン

面積
357,121km2

人口
総計(2016年)8267万人

GDP
合計(2012年)2兆6588億 ユーロ

通貨
ユーロ

時間帯
UTC +1(DST:+2)

ccTLD
.de

国際電話番号
49

宗教
キリスト教(60%)


ライセンス情報
本記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「シュパイアー大聖堂」を素材として二次利用しています。記事の公表に関しましては「ウィキペディア 利用規約」並びに「ウィキペディアを二次利用する」に従っています。

© 2021 Love of Christ

テーマの著者 Anders Norén

PAGE TOP